ブリヂストン期間工ってどう?正社員になりやすいって本当?専門家がポイント解説!

  • by

ブリヂストンは、世界最大のタイヤ・ゴムメーカーです。
1988年に世界第5位のタイヤメーカーである米国ファイアストンタイヤ社を買収して以来、ブリヂストンは世界の自動車産業の発展とともに目覚ましい成長を遂げてきました。
現在、ブリヂストンの連結売上高は約3兆3千億円、従業員数は約14万人、世界150カ国以上に販売網を持ち、170以上の生産拠点を有しています。
ブリヂストンの生産拠点と職場は以下の通りです。ブリヂストンは、タイヤ工場、化学工場、タイヤ補強工場など、日本国内だけでも10以上の工場を持っています。
このページで取り上げる工場は、ブリヂストンの主力工場である彦根工場(滋賀県彦根市)です。
1968年に操業を開始した彦根工場は、ブリヂストンにとって敷地面積が最大の工場である。
新車用ラジアルタイヤを生産しており、生産能力は世界一です。
滋賀県彦根市は、古くから琵琶湖に面した交通の要所として栄え、国宝の彦根城でも有名です。
彦根からは、ショッピングやグルメで賑わう近江八幡駅まで電車で13分、京都駅まで49分と、アクセスも抜群です。
休暇や長期休暇を利用して、お寺や古都京都を訪れるのにも最適な場所です。
18歳以上で昼夜勤務可能な方。未経験者でも大丈夫です。
特別な資格や学歴は必要ありませんので、やる気のある方であればどなたでもご応募いただけます。工場でのお仕事が初めての方もご相談ください。
ブリヂストン彦根工場での工場勤務は、自動車用のタイヤやチューブを製造する仕事です。
入社後は、タイヤ製造工程の部署に配属され、機械やタイヤのセットアップ、タイヤの移動・運搬、タイヤの位置決めなどを行っていただきます。
ブリヂストン彦根工場での仕事は、ライン製造が中心ではなく、タイヤ製造やバッテリー駆動の車両を使った運搬が中心です。
工場内を頻繁に移動するアクティブな作業が中心なので、同じ場所でじっとしているのが苦手な方に向いている仕事です。(逆に言えば、同じ場所に立っているのが好きな人には不向きです)。
入社後はまず研修で製造現場の安全・防災に関する基礎知識を学んでいただきますので、未経験の方、製造現場が初めての方も大歓迎です。
工程に配属された後も、職長が一人ひとりを基礎から指導し、じっくりと成長できる環境を整えています。ぜひ、正社員を目指してください。
ブリヂストン期間工について詳しくは下のページで解説しています。
ご興味がある方は一度ご覧いただき、応募ください。
ブリヂストンの期間工の特徴