価格で通信教育を選んでもお子さんが不利益を被るようなこともない

  • by

昨今、通信教育は子どもたちに広く求められています。それは古い伝統的な形式、つまり教材を投函して、その後は手をつけないという対話の少ない学習方法という意味合いが強いかもしれません。現在、この学習形式はテクノロジーの進歩に合わせて変化しています。子どもたちは、ノートパソコンやタブレット、スマートフォンなどのデジタルデバイスを活用して、教育を続けることができるようになったのです。
また、このような学習方法は、テクノロジーに興味のある子どもたちのステータスを向上させる可能性があります。小学校の授業でも英語学習は低学年化が進められ、今では小3から取り組むようになりました。またプログラミング学習が必修化され、2025年の大学入学共通テストでは、入試科目の1つとして導入されることが決まっています。
予習や復習がメインでおこなっていた通信教育を使った家庭学習も、時代の変化に伴って、よりお子さんにカスタマイズされた学習手段になってきているのです。将来的にもインターネットを使ったICT指導は、学校や家庭にますます拡大していくでしょうが、小学生のお子さんからしたら、学んでいる近くに誰かががいることの有難みは人間にしか出せません。その上原則的には小学校でしたら、相変わらず黒板とチョークによって授業が行われています。習得度を測るテストにおいても紙と鉛筆を使って行われているのが現状です。
入試の場面でもICTとはほど遠いですよね。例えば、中学入試や高校入試の答案も紙のままです。小学生のお子さんに通信教育を与えるときにデジタル系の教材を与えなきゃ行けないと感じている親御さんもいるかも知れません。しかし、ここまで説明してきたように、教育現場というのは意外と紙が使われている状態がまだまだ残っていることがわかったと思います。
そのため小学生の通信教育は紙の教材を選んでも全く問題ありません。実際にデジタル教材よりも、紙の教材のほうが記述力が求められるため、併せて考えるチカラや読解力が鍛えられるという相乗効果もあります。それに紙の教材を選んだ方が、料金的にもリーズナブルなことが多いです。もちろんデジタル系の通信教育でも安く受講できる講座はあります。
しかし、デジタル教材よりも紙のほうが、学習効果という面では高いという研究データもあるようなので、価格で通信教育を選んだところで、お子さんが不利益を被るようなこともないと思います。通信教育 小学生 安い